当サイトは、三大ED治療薬の一つに数えられるレビトラについて各方面から調査した情報を掲載しております。実際にレビトラを服用した勃起不全患者の体験談や、他の治療薬との比較などをご紹介しておりますので参考にしてみてください。

レビトラを服用するなら不摂生な生活も改善

EDは不摂生な生活が続いていると発症率が高まります。
通常は40代から発症率が高まってきますが、不摂生な生活が習慣化している方ですと、30代前半から発症するケースもあります。
それに遺伝体質や冷え、ストレスなども重複すると、20代でEDになることもあります。
病気を治すときは薬を使用しますが、同時に病気にならない対策も必要となります。
風邪を治すためには風邪薬が効果的ですが、一番いいのは健康に注意して風邪をひかないことです。
そうすれば病院に行く必要はないですし、風邪薬の服用もいらないのです。

ED治療にはレビトラが効果的ですが、飲んだから安心とは思わないことです。
飲むことで一時的に問題は解決しますが、次回の性行為のときに再び服用する必要があります。
今の生活が続く以上、今以上に健康になることはできないのです。
加齢による老化現象から逃げることはできず、今の健康状態を維持するためにはより徹底した対策が必要となります。

レビトラを服用中の方は、なぜ自分がEDになったのか知ることが先決です。
原因を特定せずに対策をしても、お金をムダにすることが多いものです。
血行不良が原因の場合も、冷え、動脈硬化、ストレス、食生活の乱れなど、複数の要因があるものです。
これらのいずれに該当するのか知る必要があるため、必ずクリニックで検査を受けることです。
医師の問診に回答することで、EDの原因が特定できます。
触診をされるケースは非常に少ないですが、これはペニスに原因があるEDはほとんどないからです。
不摂生やストレスによるEDが圧倒的に多く、これらの悪習慣を改善すればEDは治るのです。
特に若年性のEDほど、生活習慣の乱れが大きな要因となっていますので、改善の余地は大きいのです。