当サイトは、三大ED治療薬の一つに数えられるレビトラについて各方面から調査した情報を掲載しております。実際にレビトラを服用した勃起不全患者の体験談や、他の治療薬との比較などをご紹介しておりますので参考にしてみてください。

レビトラに医薬品副作用被害救済制度は適用される?

「医薬品副作用被害救済制度」とは、普通に生活している私達には聞き慣れない制度ですが、日頃病院に通いお薬を飲んでいる方は、少し知っておきたい制度の一つです。医薬品副作用被害救済制度とは、病院できちんと処方されたお薬を、処方された通りに服用したにもかかわらず、その副作用によって症状が改善するどころか、逆に入院しなくてはならないほどの重症な症状を引き起こしてしまった、という場合に利用できる制度となっています。これによって、治療費や入院費が必要になった場合に、この制度を利用して医療費などを公的に給付してもらえる可能性があります。

具体的な救済給付は7種類あり、「医療費」や「医療手当」、副作用による大きな障害が残る場合には「障害年金」、「障害児養育年金」、また薬の副作用で死亡してしまった場合には「遺族年金」、「遺族一時金」、「葬祭料」などが給付されることになります。いずれも本人かまたはその遺族が直接、医薬品医療機器総合機構に請求する必要があります。なお、請求の際には医師の診断書や投薬証明書、受診証明書などが必要となりますので、かかりつけの医師に用意してもらいましょう。

さて、ED治療薬であるレビトラには、この「医薬品副作用被害救済制度は適用されるのか?」ということですが、先に記載した通り医薬品副作用被害救済制度を利用するためには、医師の診断書や投薬証明書、受診証明書などが必要となるため、「もしも何かあった時には、この制度を利用したい」という場合には、レビトラを個人で輸入したり通信販売などで購入せずに、病院で処方してもらう必要があります。その他、レビトラはED治療薬としてだけではなく糖尿病やうつ病のお薬としても処方される場合もあります。制度を利用したい場合は、医師に相談の上でレビトラを服用しましょう。